【挫折あり】5ヶ月でWordPress初案件を獲得するまでの流れ【まとめ】

経理主婦が稼ぐ
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、Amyです。

独学でwebプログラミングの勉強を始めて5ヶ月でWordPress案件を獲得したので、
どんな流れで獲得したのか?などをまとめていきたいと思います。

独学で勉強していたりすると、

「他の人はどのくらい勉強をして案件獲得しているのかな?」
「副業のためにプログラミングの勉強してるけど、先が見えなくて迷走中・・」

という不安になりがち・・・。

私も「自分は今どのくらい進んでいるんだろう?」と、他のブログやツイッターなどを読み漁っていました。

私は5ヶ月間、ざっくりこんな流れで勉強〜案件獲得をしました。

  • 2019年10月 ドットインストールでHTML/CSSの勉強スタート
  • 2019年11月 デイトラでサイト模写の勉強をスタート
  • 2019年12月 案件獲得方法を調べ始める
  • 2020年01月 案件獲得しに行ってみる
  • 2020年02月 案件が舞い込んでくる

今回の話は私のいち経験になりますが、このまとめが独学で勉強している人の何かの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

2019年10月 ドットインストールでHTML/CSSの勉強スタート

「子育てしながら、何か家でできる仕事をしたいな」

そんな動機から、私の勉強はスタートしました。
最初に始めたのは、dotinstall(ドットインストール)という1動画2〜3分で勉強できるサイトでHTMLの勉強。

参考にしたサイト: dotinstall(ドットインストール)

HTMLもCSSもすべて英語なので1つ1つ覚えるのが大変でした。
壁に「パラグラフ、段落」「heightは縦」「widthは横」など付箋を貼って覚えていました。

2019年11月 サイト模写の勉強をスタート

HTML/CSSの入門編が終わったところで、
次は実際にLPサイトを作ってみる「サイト模写」の勉強を始めました。

模写コーディングの参考にしたのは「30DAYSトライアル」というコーディング初心者の勉強手順などをまとめているサイト。

ここでは「どの程度のスキルでどのくらい稼げるようになるか」の目安も書いてあるので、モチベーションがとても上がります。

参考サイト: 30DAYSトライアル【ゼロから始めるコーディング学習】〜導入編〜

ただ、サイトのボリュームが多くて、次第に自分が今どこをやっているのかわからなくなり、途中で挫折・・・。

ドットインストールで初課金

このタイミングでドットインストールの月額課金をし、

  • Bootstrap 4入門
  • 詳解CSS レスポンシブウェブデザイン編

あたりの有料講座も勉強しました。

無料の範囲で頑張ってググり続けても良いのですが、
ネットは情報が多すぎるのでお金をかけて効率的に勉強するようにしました。

2019年12月 案件獲得方法を調べ始める

独学を始めて2ヶ月になりました。

「あとどのぐらいお金と時間をかければ仕事ができるの?」

と不安になってきました・・。
そこで、勉強をそこそこに案件獲得の方法を読みあさりはじめます。

最初の案件はどんなのがいいの?

  • HTML/CSS/jQueryを使ったコーディング案件
  • WordPressでホームページ作成案件

色々調べた結果、最初はこのあたりで月5万ぐらいを稼ぐのが良いことを知りました。

案件獲得にはPhotoshop、illustratorが必要なことを知る

コーディング案件では、デザインデータ (デザインカンプ)の受け渡しがあります。
そのためにPhotoshopやillustratorが必要なことを知りました。

Adobeソフトのセット「AdobeCC」の値段を見ると、月額5000円超・・。

いきなりAdobeCCの契約に勇気が出なかったので、1週間無料お試しサービスを契約。

その間にはにわまんさんの「デザインデータからのコーディングに慣れよう!」というnoteを購入し、1週間でデザインからのコーディングを実体験しました。

jQueryの基本を学ぶ

jQueryを使うと、サイトに動きが出せることを知りました。
Progate (プロゲート)のjQuery講座を受講。1ヶ月だけ月額課金をしました。

2020年1月 案件獲得しに行ってみる

12月にTwitterでこんなコミットをしたら、色々いいねをいただけてとってもやる気に。

コミットしたからには案件獲得したい!と、
自分を奮い立たせ色々と応募したり営業したりしました。

案件獲得のためにやったこと

私は在宅で週10〜15時間ほどの範囲で働きたかったので、
クラウドソーシングやマッチングサイトなどへの応募をメインで攻めました。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • wantedly(ウォンテッドリー)
  • ママワークス
  • ココナラ
  • find-job

フリーランスエージェントも一応登録しました。
在宅案件を取り扱っているところはあまりありませんでしたが、
営業の人にweb業界の話などを聞けたりするメリットがあります。

  • レバテック
  • シューマツワーカー
  • ITプロパートナーズ

スキルをまとめたポートフォリオサイトを作成

営業するには実績を作ろう!ということで、自己紹介サイトを作りました。

  • レンタルサーバーを契約
  • ドメインを取得
  • 自己紹介サイトを作ってサーバーにアップ

サクッと作った風を装っておりますが、作成に2週間ぐらいかかってます・・。

39800円でAdobeCCを1年契約

案件獲得のための必要経費、AdobeCCを契約する時がきました・・!
月額5680円、1年契約だと約65760円の出費です。

主婦らしく節約術を探し、デジハリオンラインを経由して定価の2/3ほどで契約することができました。それでもお財布にはだいぶ痛手です。

WordPressを本格的に勉強しはじめる

HTML/CSS/jQueryでLPサイトぐらいなら作れるようになったころ、
次は本格的にWordPressの勉強を始めました。

理由は2つ。

  • WordPressのホームページ作成案件が多いこと
  • 実際に自分でもWordPressでブログサイトを作ってみて、とても便利だと感じたこと

2020年2月 案件が舞い込んでくる

1月に案件獲得のために色々やった結果、

案件受注0件でした。

自分で設定しただけの目標とはいえ、
結果が出せなかったことでモチベーションもだだ落ちでした。

ふてくされつつもPHPの勉強を始める

案件がとれなかったものはしょうがない!ということで、
WordPressで使うPHP言語の勉強をはじめました。

WordPressの中身はPHPなので、カスタマイズなど案件獲得に役立つと思ったからです。
そろそろネットの情報だけだと頭が整理できなくなってきたので、
参考書や専門書のお世話になり始めます。

参考にした本:

1月に面談した制作会社から連絡が・・!

世の中がコロナで大騒ぎのころ、我が家ではインフルエンザBで大騒ぎでした。

病気から回復してやっと落ち着いたころ、
制作会社さんからWordPress案件の仕事をお願いしたいと連絡をいただきました。

内容としては、

  • コーポレートサイト作成案件
  • WordPressにて作成
  • カスタマイズ込みで数時間で完成
  • 余裕を持った納期

という、難易度はそんなに高くないありがたい初案件でした。

実際を仕事してみてどうだった?

他の人の仕事の流れや体験談を読んで雰囲気は知っていたものの、
実際に自分が仕事で受けると

  • 緊張感が違う
  • 学べる量が違う

こんな感想を持ちました。既に案件を獲得している人が

「勉強するより案件を獲得する方が早く学べる」

と言っている意味がわかりました。

5ヶ月を振り返ってまとめ

5ヶ月を振り返ってみると「結構がんばったな〜」という感じです。

「こんなに勉強しないと案件取れないのか・・」と感じるかもしれませんが、
1日単位にしてみると何も進まなかった日もあるし、すべてが順調でもありませんでした。

実際に独学で勉強〜案件獲得をしてみて大事だと感じたことは、

  • とにかく手を動かすこと
  • まず経験してみること
  • 稼ぐために学ぶんだという意識
  • 学ぶことへの投資を惜しまないこと

私自身まだまだやってみたい勉強や、受けてみたい仕事がたくさんあるので、
これからも独学で稼いでいこうと思います。

この投稿が、稼ぐことを目指して勉強している人の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました