【日商簿記】ネット試験にデメリットはある?ペーパー試験と比較してみた

一生勉強
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、えいみです。

日商簿記のネット試験を受けたので、統一試験であるペーパー試験と比べてどんな違いがあるのかを比較してみましたよ。

この記事読むとメリットある人

  • 日商簿記のネット試験を受けようか迷ってる人
  • ネット試験とペーパー試験どちらにするか悩んでいる人

ちなみにネット試験の流れと感想は、こちらの記事にまとめています。

ネット試験とペーパー試験の比較

ネット試験とペーパー試験にどんな違いがあるか、表を使って比較してみます。

ペーパー試験(統一試験)ネット試験勝負の結果
受験料2級 4,720円 3級 2,850円2級 4,720円 3級 2,850円
+事務手数料550円
ペーパー試験の勝ち
試験日年3回ほぼ毎日ネット試験の勝ち
試験会場指定の学校や塾など指定のテストセンター好みに分かれるので引きわけ
試験時間3級60分、2級90分3級60分、2級90分同点引きわけ
出題形式記述式パソコンで選択式+記述式好みに分かれるので引きわけ
合否商工会議所ごとに後日発表その場でわかるネット試験の勝ち

この比較表だけ見ると、ネット試験の方が良いのでは?と思いますよね。

ネット試験のデメリット

ではネット試験、比較表では見えないデメリットはあるのでしょうか。

実際にネット試験を受けてみて、私はこんなデメリットがあるかなと感じました。

  1. 問題用紙にメモを書く、というのが出来ない
  2. パソコン操作が遅いと時間をロスする
  3. メモ用紙をもらえるがA4用紙2枚のみ
  4. 貸し出しのボールペンしか使えない
  5. いつでも受験できるので、受験タイミングがつかめない

私はネット試験中、問題用紙にメモできないのが少しストレスでした。ただ、事前に調べて分かっていたので、勉強中も別のメモに書くという練習をして対策をしました。

まとめ


まとめるとネット試験は、

  • いつでも受けられる
  • パソコンでの試験で便利

このようなメリットもあるけど、ペーパー試験のように

  • 問題用紙にメモをしながら問題を解いていく
  • 自宅での勉強と同じ流れで解いていく

というのがしにくい試験になります。

ただネット試験のデメリットというのは、ある程度自分で対策をすれば解決できます。

また、期間を少しあければ「ネット試験を受けて、落ちたらペーパー試験もやる」などの併用も可能です。なので、迷っている時間があるなら、まずはネット試験から気軽に挑戦してみるのも手ではないでしょうか。

コメント

  1. 佐多右江 より:

    ネット試験にするかペーパー試験にするか迷っていましたが…解決しました!
    読みやすくわかりやすい内容で助かりました!ありがとうございますm(_ _)m

    • えいみ えいみ より:

      お役にたてたようで嬉しいです(*^^*)ネット試験もペーパー試験もそれぞれメリットがあるので、生活スタイルにあわせて受けてみてください♪応援しています!

タイトルとURLをコピーしました