ママだって勉強したい!主婦が時間を作るために絶対読んでおきたい本【5選】

一生勉強
この記事は約5分で読めます。

主婦のみなさん毎日お疲れ様です。

同じく主婦のAmyです。

みなさんは日々、新しいことを学んでいますか?

毎日なぜかやることが多くて「何かしたいけど時間がない」ということも多いのではないでしょうか。

時間をつくるのって難しいですよね。

私も仕事復帰を決めた時、どうしたら勉強する時間を作れるかなと色々悩みました。

そこで私はまず、1日ってどういうことをして過ごしているのかなと思い返してみました。

  • 家事
  • こどもの世話
  • 旦那の世話

大体の主婦は、家ではこんな感じで1日が終わってしまうのではないでしょうか。

じゃあどうすればいいのか。

  • 家事を減らす
  • 自分のことは自分でやってもらう

簡単に書きましたが、どれも結構難易度高めですよね(笑)

でも、これをクリアできたら時間ができるわけです。

時間がない問題を、どうやってクリアするか。
それはやっぱり、上手くいっている人の真似をすることですね。

そこで、今回は私が時間を作るために参考にした、上手くいっている人の本を5冊ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

主婦が時間を作るために読んんでおきたい本【5選】

私がこの5冊の本を読んだおかげで増えたこと、減ったことがあります。

増えたこと

  • 勉強する時間
  • こどものお手伝い
  • 旦那の家事

減ったこと

  • 家事をする時間
  • だらだらする時間
  • こどもに怒ること

上手くいっている人の本を実践するだけで、家庭内がとても快適になりました。

今、育児に家事に余裕がない人にぜひ読んでもらいたくてご紹介します。

おかたづけ育、はじめました。~OURHOME 子どもと一緒にたのしく~

画像引用:Amazon

私が、こどもと一緒に片付けをしようと思ったきっかけをくれた本です。

著者のEmiさんは、双子を育てている収納アドバイザーです。

家事の仕組みづくりがとても上手な方です。

こどもが自分で片付けや家事をやりたくなるように、とても工夫して家具やおもちゃを配置しています。

小さな子がいて「片付けられない」「自分の時間がない」いうママにこそ読んでほしい1冊です。

その家事、いらない。いつまで家事に追われているの?

画像引用:Amazon

まずタイトルが衝撃的ですよね。

安心してください、中身はとても参考になる情報ばかりですよ。

私が今まで「当たり前」と思っていた家事、実はやらなくてもいいことに気づかせてくれた1冊です。

特に「作り置き」というのは、よく雑誌でも取り上げられていますよね。

でも人によっては向き不向きがあります。

私は毎日同じものは食べたくないので、作り置きをしても食べきれなかったんです。

でも、これを読んで作り置きをしなくても良いということに気づきました。

トヨタ式 家事シェア「一人だけイライラ」がなくなる

画像引用:Amazon

この本の著者は、3人のお子さんがいらっしゃる共働きのママです。

トヨタグループで働いていた経験から、「トヨタ式」というムリ・ムラ・ムダをなくして効率化する仕組みを家事に応用しています。

本自体も、カラーで写真も多くとても見やすくなっています。

私が特に驚いたのは「洗濯物を干さない」ということでした。

本の中で紹介されているのですが、夜に洗濯乾燥された洗濯物を、朝に歯磨きをしながらリビングに放り投げてそれを子供達がまた着るという、超効率的な仕組みです。

私もドラム式洗濯乾燥機にしたら、ぜひ真似したいと思っています。

フランス人は子どもにふりまわされない 心穏やかに子育てするための100の秘密

画像引用:Amazon

この本は、フランス人の子育てを紹介する本です。

自分の時間を作るのと何の関係があるの?と思われるかもしれません。

実はフランス人のママは、自分の時間をとても大切にします。

タイトルの通りこどもに振り回されず、「自分のために時間を使う」という考え方が学べる本です。

日本とは子育てに関する考え方が正反対なので、少し抵抗感はあります。

例えば

  • こどものイベントごとには親は参加しない
  • こどもに邪魔をさせない・こどもの邪魔をしない
  • 夫婦の寝室にはこどもを入れない

など、小さい時からこどもとの距離をとる関係というのでしょうか。

こうすることで子供自身も自立心が高まり、親も自由な時間が増えるというメリットがあります。

私も全てではないですが、真似したいと思うところが多く勉強になりました。

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

画像引用:Amazon

こちらは、メンタリストDaiGoさんの片付けの本です。

子育ての本でも家事の本でもありませんが、自分の時間を作るためにとても役に立つ本です。

「片付けの目的は、自分の時間を作るため」という、今までの片付け本とは違う観点で書かれています。

私はこの考え方を身につけてから、「片付け」という家事がとても減りました。

まとめ:時間を作るためには、やめることも大事!

日本はわりと主婦に対して完璧を求めます。

周りがみんなしっかりしていると、自分も完璧にしなきゃとプレッシャーですよね。

でも、よくよく考えてみると家事も子育ても、やらなくてもなんとかなることって多いんです。

そろそろ、自分のためにも時間を使ってあげませんか?

すぐには変わらないと思います。

でも、少しずつ気持ちも行動も変わっていきます。

すると周りも少しずつ変わっていきます。

時間を有意義につかって、「新しいこと」「やりたかったこと」始めてみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました