【どっちがお得?】一般NISAと積立NISAを比較してみた【投資歴10年主婦が解説】

資産運用
この記事は約5分で読めます。

最近、ちまたでは投資や資産運用が人気ですね!

税金がかからないNISAを始める人も増えてきました。そこで、

今回は、投資歴10年、一般NISAと積立NISAの両方を経験したえいみが
2つの違いを比較してみました!

結論

さっそくですが、結論からいうと「どっちがお得かは人による」になります。

これから説明していきますが、一般NISAと積立NISA、名前は似ているんですが投資スタイルは全然別のものになります。なので、どっちがお得か?というのはちょっと違う話だったりします。

そもそもNISAとは?

NISAは2014年にスタートしました。国が投資初心者向けに

株で儲けても税金とらないから、投資を始めてみてね!

という制度です。「NISA口座という専用の口座で取引をする」というだけで、普通の投資とやることは一緒です。

2018年からは、

もっと簡単な、投資信託だけができるNISAも作ったよ!始めてみてね!

ということで積立NISAがスタートしました。

一般NISAと積立NISAを比較

この2つが全然違うのは、下の比較記事を見ていただけると一目瞭然です。簡単にまとめるとこんな感じでしょうか。

  • 一般NISA:いろいろな商品で投資をしたい人に向いている
  • 積立NISA:ほっとくだけの長期投資に向いている

積立NISA一般NISA
一言でいうとコツコツ長期でリスクをとって増やす
1年で使える額40万円120万円
非課税期間20年5年
買える商品指定の投資信託株、投資信託、ETFなど
商品の買い方積立のみ単発買い、積立
ロールオーバー(延長)できない5年ずつできる
途中解約できるできる

一般NISAの特徴

一般NISAは普通の投資とほぼ一緒です。ただ、その利益が非課税になるというのが特徴です。ふつうに株式投資をすると、利益から約20%の税金が取られますからね。

積立NISAの特徴

上の表を見てもわかるとおり、積立NISAで買える商品は積立する投資信託のみです。非課税期間も20年と長く、長期投資なのでリスクが少ないのが特徴です。

私も途中でNISAの存在を知って、急いで切り替えました。国がすすめる税制優遇なんかは基本的にメリットが大きいので、積極的に活用したいですね。

どちらが向いているか知りたい人

ではここからは、自分はどちらに向いているのか?を掘り下げていきましょう。

一般NISAが向いている人

一般NISAは普通の株式投資とほぼ同じなので、株式投資や投資信託などいろいろな投資方法が選べます。

ただその分知識も必要でリスクもあるので、こんな人が一般NISAに向いています。

  • 自分で株式投資をやってみたい人
  • 株主優待をもらってみたい人
  • 5年10年の中期で投資をしたい人
  • 株価が下がる不安に耐えられる人

積立NISAが向いている人

積立NISAは、プロにお金を預けて(投資信託)ゆっくり資産を増やしていく方法です。

なので、こんな人が積立NISAに向いています。

  • 投資がはじめて
  • あまりリスクを取りたくない
  • 会社の株とか、どれを買えばいいかわからない
  • 長期でゆっくり増やしていきたい

私は最初は一般NISAをやっていましたが、基本的にビビりということと、投資先を選ぶのも面倒だったので積立NISAに変更しました。

まとめ

ここまで一般NISAと積立NISAの違いを比較してきました。

まとめると、

  • 中期でちょっとチャレンジしたい人は一般NISAがおすすめ
  • 長期でゆっくり投資したい初心者は積立NISAがおすすめ

残念ながら、2つのNISAは同時にやることはできません。でも、もし投資を始めてみたいと思っている人は、必ずどちらかを使った方が税金分お得になります。

また、NISAの制度はいつまで延長されるかわかりません。2023年に廃止が決まったジュニアNISAのように、突然廃止になってしまうかもしれません。もし、気になっている人は早めにはじめてみることをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました