【廃止まで3年】ジュニアNISAを始めてみたのでまとめ【楽天証券】

内弁慶な子育て
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、えいみです。

2021年6月から娘2人分のジュニアNISAを始めたので、どんな感じの流れで取引開始まで進んだのかまとめてみようと思います。

読むとメリットがある人

  1. ジュニアNISAを始めたいと思っている人
  2. 楽天証券で、ジュニアNISA口座を作ろうと思っている人
  3. 子どもの投資教育を考えている人

なんでこのタイミングで始めようと思った?

私がやろうと思ったのは、下記のタイミングが重なったからです。

  1. ジュニアNISA廃止で、18歳までの引き出し制限がなくなったから
  2. 生活防衛資金が貯まったから
  3. 年間200万ほど貯金に回していたので、その分を投資に回したかったから
  4. 子どもたちも小学生になり、そろそろお金の勉強をさせたかったから

「思い立ったが吉日」ということで、ジュニアNISAをやろうと思ったその日に楽天証券口座の申し込みをしました。

実際どこに投資したの?

長女 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

みんな大好き全世界株式ですね。

1つ買うだけで世界中に投資出来て、投資初心者にも安心のパッケージです。

姉の方は、日本も含むオールカントリーに投資することにしました。

地域別の構成比率はこんな感じ。

投資信託説明書(交付目論見書)より
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) | 投資信託 | 楽天証券
---,eMAXIS Slim 全世界株式(オール&#

次女 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

次女の方は日本を含まない全世界株式に投資しました。

構成比率としては、日本の7.5%が入っていない分、他の国の比率がオールカントリーより多くなっています。

地域別の構成比率はこんな感じ。

投資信託説明書(交付目論見書)より
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) | 投資信託 | 楽天証券
---,eMAXIS Slim 全世界株式(除く日&#

なんで同じようなの2つにしたの?

なぜ同じにしなかったかというと、単純に子どもたちと投資資産を比較して楽しむためです。

「オールカントリー」と「除く日本」は、日本が入っているかどうかの違いだけなので、どちらを選んでもそんなにリスク自体は変わりません。

チャートを見ると、直近1年の動きもほぼ同じです。

オールカントリー
除く日本

今後、株価の変動や日本の動き次第で少しチャートが変わってくると思います。

なので、子どもたちには

「投資資産の価値って毎日変わるし、金額ってこんな風に動くんだよ」

ってことを見て学べるようこの2つにしました。

口座開設、どのくらい時間がかかった?

ここからは、実際にどんな手順でジュニアNISAを開設したかを時系列で解説していきます。

うちは私の使っている楽天証券で子どもたちも口座開設をしたので、楽天で書きますね。

日付流れ必要なもの
4/25ネットで申し込み
4/27申込書類が来る(郵送)ので入力&必要書類を集める1.親の本人確認書類
2.子どものマイナンバー
3.住民票
4/30申込書類を送る(郵送)
5/19審査開始メールが来る
55/25ログイン情報の書類が来る(郵送)
65/27ログインしてみたところ、明日から口座使用OKになったログイン情報の書類
75/28口座開設されたメールが来たので、入金&積立設定をした

こんな感じで、ちょうどGWも挟んだからなのか1ヶ月ぐらいかかりました。

書類も郵送だったりメールだったりで、楽天にしては面倒な手続きでしたね。まぁ未成年口座の代理開設なのでしょうがないですね・・・。

松井証券なら運営管理手数料0円

ジュニアNISA口座開設時の注意

最後に、私がジュニアNISAの申し込みをしてみて、注意が必要だなと感じたことをまとめました。

口座開設をするときはご注意くださいね。

口座開設に1ヶ月ぐらいかかる

上にも書きましたが、口座開設に時間がかかります。

12月に申し込みをすると開始が次の年になってしまうこともあるので、余裕を持って口座開設をしたほうが良さそうです。

口座への資金移動がちょっと面倒

ジュニアNISA口座への入金は、この3つの順番で移動していかなければいけません。

  1. 親の銀行口座or子どもの銀行口座→
  2. 子どもの未成年口座→
  3. 子どものジュニアNISA口座

楽天銀行は登録した親の名義からも入金が可能になったので多少便利なのですが、資金移動がちょっと手間ですね。

1年分をまとめて入金するならそんなに手間ではありませんが、毎月資金移動をする場合は結構手間がかかるのでご注意です。

うちは収入を夫の銀行に入れているので、①夫の銀行→②私の楽天銀行→③娘たちの楽天証券→④ジュニアNISA口座へ移動と、資金移動が手間でした。
こんなことなら、最初からジュニアNISAの親の名義を夫にしておけば良かったです。

あとは3年間コツコツ積み立てていくだけ!

ジュニアNISAは2023年に廃止されます。

うちは3年間、80万円×2人×3年=480万円を毎月コツコツと積み立てていく予定です。投資中も暴落や値上がりなど日々色々と市場は動くでしょう。

でも、子どもたちへのプレゼントとして長い目で投資していこうと思っています。

もしジュニアNISAを始めようか迷っているなら、始めるチャンスは常に「今」です。

長期投資にチャンスやタイミングはありません。やろうと思った時が始めどきです。

この記事が少しでもあなたのお役に立てたら嬉しいです!

えいみでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました