【もらわなきゃ損】家族でマイナポイントをもらってみた【驚異の25%還元】

関東で戸建て暮らし
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、えいみです。

先日子どもたちのマイナンバーカードができたので、マイナポイントを申し込んでみました。

夫と私の分はすでに申込済みなので、計4人分の申請をしたことになります。合計8万円の利用で2万円分のポイント還元です。還元率25%民間では考えられないぐらいの還元率ですね。

そこで今回は、どんな感じでマイナポイントをゲットしたのかと、どこの決済サービスに申し込んだかをまとめてみましたよ。

読むとメリットある人

  • マイナンバーカードをゲットしたけど、マイナポイントをもらい忘れてる人
  • これからマイナポイントをもらおうと思っている人
  • ほかの人がどこの決済サービスに申し込んだか気になる人

マイナポイント、どこで申し込んだ?

早速ですが、マイナポイントの申込先はこんな感じで選びました。

決済サービス使用金額還元ポイント還元率
d払い(決済)2万円6000ポイント合計30%
d払い(決済)2万円6000ポイント合計30%
長女ペイペイ(チャージ)2万円5500ポイント合計27.5%
次女楽天ペイ(決済)2万円5000ポイント合計25%

うちはドコモ経済圏なのでd払い派です。決済サービスの還元率もプラスされて、お得感満載でした。

マイナポイントの決済サービスを選ぶ基準

選べる決済サービスは110件(2021年7月現在)。選ぶだけで疲れてしまいますね。うちでは3つの基準で選びました。

1.生活費の支払いに使える

ここが一番大事で、いくら還元率が高くても使えなければ意味がありません。私は近くのスーパーや、日用品を買う場所で使える決済サービスが一番いいですね。

2.還元率が高い

当たり前ですが、還元率が高い方がお得ですよね。そもそも25%もあるのにさらに!と思いがちですが、お得な方がいいに決まってるじゃないですか!

3.すでによく使っている決済サービス

いくら還元率が高くても、新しくアプリを増やすのは嫌ですよね。私も手間だし嫌です。実は近場で使えて還元率が高いものに「ゆうちょPay」もあったのですが、アプリを増やすのは嫌だったので見送りました。

マイナポイントゲットまでの流れ

マイナポイントをゲットするまでは、下記の手順になります。

やること感想
1.マイナンバーカードをゲット申請から受け取りまで1〜2ヶ月。長い。
2.マイナポイントアプリをインストールカンタン♪アプリが増えるのは嫌・・。
3.アプリでマイナポイントの予約カードをかざすのに手こずる
4.決済サービス側で認証カードをかざすのに手こずる
5.対象決済サービスで買い物orチャージいつも通りの買い物をするだけ

カードが届いたらサクッとポイントがもらえるわけではなく、マイナアプリを入れたり決済サービスを選んだりと手間が多いです。

一番面倒だったこと

なかでも一番面倒だったのは、「カード読み込み」。一瞬でできる時もあれば、5分ぐらい待っても反応しなかったりしました。結局1時間ぐらい格闘していたと思います。

いろいろやった結果、アプリを再起動したりスマホを再起動したら、普通にマイナンバーカードを読み取ることができました。なんで?

まとめ

マイナンバーからマイナポイントのゲットまで一通りやってみた感想は、やっぱり”面倒”です。

でも、下記の理由でやっぱり参加した方がお得です。

  • 還元率25%以上!民間に比べてとにかくお得
  • 税金を使ってるキャンペーンなので、もらわないと損

行政のサービスやキャンペーンはいろいろと問題があったり、手続きが面倒だったりします。

でも「家族と自分が幸せになる」この基準で考えると、参加したほうが絶対に家族も私も幸せになります。

「マイナポイントの申請がまだ!」という人は、とてもお得なのでぜひ期限までにやってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました